メニュー

看護部より

[2018.06.03]

梅雨に入り不快な季節がやって来ました。湿度が高くなる為、カビが発生しやすくなります。温度は15℃~30℃、湿度は70%~95%がもっともカビが発生しやすいそうです。カビが原因の肺炎もあり、梅雨~夏には要注意です。

[種類] 夏型肺炎の原因は室内のカビの一種、トリコスポロンというカビの胞子が原因です。

[対策] トリコスポロンは畳やカーペットなどで繁殖しやすいカビで 湿度が高くて風通しが悪い場所・湿気がこもりやすい場所は要注意です。「温度・湿度・栄養」を調整することで、カビの繁殖を極力抑えることができます。まずは、風通しを良くすることを心がけましょう。 さらに、こまめな掃除、エアコンなどで温度と湿度を調整して下さい。体調管理に気をつけて、この夏をのりきりましょう。

HOME

スマートフォンに対応しています。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME